Samsung SSD 500GB 850 EVO

以前作ったCore2Duo E8400のマシンがなかなか重くなってきまして。

特に、起動とWindows UpdateとiPhoneのアップデートなどが重く、SSDによる延命を考えてみました。

現状のスペックはこちら

CPU:Core2Duo E8400 (3Ghz)
メモリ:DDR2-800 2GB → DDR2-800 6GB
HDD:500GB → 1TB+500GB
MB:GIGABYTE GA-EG45M-DS2H (Intel G45)
ケース:Antec mini P180
電源:Abee ZUMAX ZU-420W
OS:Windows XP HOME SP3 → Windows 8.1 → Windows10

こんな感じで微妙に進化させていたのですが、さすがに9年前のマシンなので。

完全に入れ替えも考えたのですが、ちょっと面倒だったので試しにSSDのみ交換してみます。

これでも重かったら全て入れ替えを考えるということで。

Samsung SSD 500GB 850 EVO

Samsung SSD 500GB 850 EVO
Samsung SSD 500GB 850 EVO

Amazonで約16,000円でした。500GBのSSDも安くなりましたね。

開けてみた

Samsung SSD 500GB 850 EVO
Samsung SSD 500GB 850 EVO

中にはSSD本体と、

Samsung SSD 500GB 850 EVO
Samsung SSD 500GB 850 EVO

簡易マニュアル、データ移行ソフトが入っています。

これを選んだ理由が、添付ソフトの「Samsung Data Migration」を使おうと思っていたので。

他のデータ移行ソフトなどもありますが、やっぱり純正対応の安心感を買いました。以前、会社のPCで使って問題なかったってのもあります。

また、2.5→3.5の変換マウンタは付属しないので別途購入する必要があります。

Samsung Data Migrationを使ってみる

ということで今まで使っていたHDDからSSDにデータを移行します。

まず、今まで使っていたHDDはそのままにしておいて、空いていたSATA端子にSSDを接続します。

SATAがなければ外付けUSB接続でも大丈夫のようです。

そしてWindowsからSamsung Data Migrationを起動させます。

ちょっと前はこの手のソフトはCDからブートさせてコピーとかちょっと面倒だったんだけど、今はWindows上でできるんですね。ずいぶんお手軽になったもんだ。

Samsung Data Migration
Samsung Data Migration

SSDは特にフォーマットしなくてもきちんと認識されていました。

上が1TBのHDD。下が500GBのSSDです。使用容量は250GB程度でした。

全体の容量は違っても使用容量がコピー先より小さければ問題ないようです。

Samsung Data Migration
Samsung Data Migration

コピー中。細かな設定とかは何もないので、そのままコピーするだけです。

Samsung Data Migration
Samsung Data Migration

コピー終了。かかった時間は250GB使用で1時間10分くらいでした。

そして電源を落としてHDDを抜き、そのSATAにSSDを差し替えます。これで全く問題なく起動できました。

iTunesの認証が外れるということもなかったのでよかった。ほんと便利になりましたね。

そしてSSDに変更した効果は絶大!起動時間が1/4くらいになりました。

これは買ってよかった。E8400でもまだまだ頑張れそうです。SSDすごいや。

 

2 Responses

  1. rmn より:

    SSDも安くなったね。

    乗せ換えも随分やりやすくなったんだね。
    コピー先のディスク容量がコピー元の
    データより少なくなければ大丈夫なんだね

    自分のマシンも延命考えちゃうなぁ

    • MIZ. より:

      最近は移行ソフトがしっかりしてるから換装しやすいね。
      手順も簡単でわかりやすいし。

      でもSSDに変えるだけでE8400がこんなに復活するとは思わなかったですよ。
      もうHDDには戻れないかも。

rmn へ返信する コメントをキャンセル